【歌詞和訳】Free/Donavon Frankenreiter フリー/ドノヴァン・フランケンレイター

Free/フリーは、アメリカのシンガーソングライター・Donavon Frankenreiter/ドノヴァン・フランケンレイターが2004年に発表した楽曲です。

アルバム「Donavon Frankenreiter/ドノヴァン・フランケンレイター」に収録されています。

Jack Johnson/ジャック・ジョンソンも参加。

【YOUTUBE(ユーチューブ)動画】

公式のMV/ミュージックビデオ・PV/プロモーションビデオです。

【和訳】

僕たちは この愛を夕焼け空に変えることが出来る

僕たちは また新たに日が昇るまで 一晩中漂流していることだって出来るさ

飲み物をくれよ 2つね

1つは僕ので もう1つは君のだ

僕たちは自由を得ることが出来るだろう

自由をね

これがコナの風さ 波の流れが変わってきた

帆を下ろして 中に仕舞ったほうが良さそうだ

僕らが先に進むのを天気が許してくれないんだったら

別の風が吹くまで待っていたほうが良いと思うよ

僕たちは自由を得ることが出来るだろう

自由をね

僕や君 そして僕らが見ているものの間に違いは無いよ

(×2)

家へと向かうボートの上で

酔っ払って 満身創痍さ

最後にもう一度あたりを確認しなくちゃな

すべての場所が慣れ親しんだ街のように思えてくるよ

そして今 僕らは自由を得た

自由をね

自由になりたくないかい?

自由にね

かつては自由になる時間はとても少なかったけど

今では自由さ

僕も君も 君が自由だって知ってるよ

自由になったらとても良い気分さ

自由にね

スポンサーリンク

【メモ】

・from time to time 時々

【管理人のひとこと】

ちょっとこの曲はすっきりせず、、

惑わされるのは、最後のサビ前の「on a life boat saling home」のフレーズ。

これ「on a life」で切るのが正解なのか?

というか「on a life boat」で切ると「ライフボート」になるんですよね。

「ライフボート」は「救命船」ということになるので、これつまり「難破、遭難してるという曲」になるw これだけピースフルな曲調ながらw

そうなると「慣れ親しんだ街のように~」あたりも繋がるし、「自由の身になる」というところも辻褄が合う。

ただし上では一応そうはしませんでした。

理由は「drunken」というワードがあったからです。

遭難してるのに「酔ってる」というのは明らかにおかしいはずなので。。

いや、ホント訳す前には簡単だと思ってたのに、全然自信が持てない結果になりましたw


【アナタの洋楽&英語ライフをグレードアップさせるためにおすすめのサービス】

洋画のラインナップも豊富なビデオオンデマンド Hulu

100万曲以上の音楽聴き放題サービス Amazon Prime Music

日常英会話をまずは習得 スタディサプリ ENGLISH 3つとも無料体験可。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする