【歌詞和訳】Consoler of the Lonely/The Raconteurs コンソーラー・オブ・ザ・ロンリー/ザ・ラカンターズ

「Consoler of the Lonely/コンソーラー・オブ・ザ・ロンリー」は、アメリカのロックバンド・The Raconteurs/ザ・ラカンターズが2008年に発表した楽曲です。

アルバム「Consoler of the Lonely/コンソーラー・オブ・ロンリー」に収録されています。

【和訳】

もう一週間は太陽を見てないな

俺の肌も血色がどんどん悪くなっていく

何かを話す心の余裕も無い

棒っきれみたいにやせこけちまってるよ

(コーラス ※【】の部分)

【部屋の豆電球はどんどん薄暗くなっていく

物事への興味も薄れて無気力になっていく

まぁでも一通りの教育は受けてきたわけだし

不平を言うべきじゃないよな

会話をするのも億劫になっていく

常に耳鳴りがしてるんだ

ジョークを言われたって今の俺には何も響かないよ

涙を流すことにも飽きちまったよ(×3)】

もし君が 共犯できる人間や連帯できる人間

救いの無い人間なんかを探し求めてるんだとしたら

どのみち 自分自身の孤独に気づくだけの話さ

もし君が 奇声を上げながら人の喉を掻っ切ることを

望んでるんだとしたら それでいて身代わりを探してるんだとしたら

どのみち 自分自身の孤独に気づくだけの話さ

スポンサーリンク

傷の舐め合いがしたいんだよ

食うものくらいならいくらか用意出来るよ

まともな飯を食ってない

俺の脳みそも機能停止してるよ

マジで一週間寝てないんだ

舌も上手くまわらないんだ

(コーラス)

【管理人のひとこと】

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプスのJack White/ジャック・ホワイト、シンガーソングライターのBrendan Benson/ブレンダン・ベンソン、ガレージロックバンド・The Greenhorns/ザ・グリーンホーンズのリズム隊、、といった感じでジャックを中心としたアメリカ・デトロイトを出自に持つミュージシャンによって結成されたバンド。

音楽的にはホワイトストライプスの延長ですが、いぶし銀のポップセンスとコーラスワークを魅せるブレンダンが影のMVP。

(この曲にはあんま反映されてませんがw)

ストライプスもそうですが、ジャックの書く歌詞はかっこいい物が多いです。

で、全般的にややムズですが、2点ほど気になる部分が。

1つ目は、「喉を掻っ切る~」のところ。

ここは「誰かをコロしたい。けどスケープゴートを探す、つまり捕まりたくはないと思ってるんなら(鬱憤は晴らしたいが、その行動で生じる責任は誰かに転嫁したい的な?)」という感じに取りました。多分それで合ってると思うんですが。

2つ目は、最後のところ。

直前で「食うものはいくらか用意出来る」と言ってるのに、「まともな飯を食ってない」とはこれ如何に。

ここはそうとしか意味の取り方が無いと思いますし、そもそも本人らも「頭回ってない」って曲中で言ってるくらいなのでw、深く追求するのは無駄なのかもしれません。

もしかしたら、「裏の意味」みたいなものがあるのかも?

こちらもどうぞ!

【歌詞和訳】Seven Nation Army/The White Stripes セヴン・ネイション・アーミー/ザ・ホワイト・ストライプス

【歌詞和訳】Get Free/THE VINES ゲット・フリー/ザ・ヴァインズ


【アナタの洋楽&英語ライフをグレードアップさせるためにおすすめのサービス】

洋画のラインナップも豊富なビデオオンデマンド Hulu

100万曲以上の音楽聴き放題サービス Amazon Prime Music

TOEICマスターに俺はなる! 【スタディサプリ ENGLISH】 3つとも無料体験できるよん。