Freeze!!!/ PUNPEE Featuring RAU DEF【最近よく聴いてる曲⑤】

YouTubeのコメント欄に「天才×天才」と書いてる人がいますが、ほんとその通り。

最近レッドブルのCM、水曜日のダウンタウンのテーマなど、どメジャーなフィールドでも活躍しているパンピーですが、彼の音楽家としての才能を考えれば、世に出るのが遅いくらいだと思います。

さすがにもう周りがほっとけない段階に来たんではないかなという感じ。

僕は、「無人島に持っていきたい100曲」みたいな企画があるとすれば、Punpeeの「Renaissance」は真っ先に挙げますという人なのですが、彼はフローのカッコ良さ、トラックメイキングの素晴らしさは言うまでもなく、何よりキャッチーかつハイセンスなフックが書けすぎる。

フリースタイルは良いけど、音源は、、というラッパーで溢れるシーンにおいて、彼の洒脱でモダンなポップセンスは図抜けまくっている、、というよりヒップホップというジャンルどうこうではなく、純粋に才能だけ見れば、音楽家として邦楽史上屈指のものを持った人だと思います。

スポンサーリンク

我が国で大衆音楽的なパッケージングに唯一成功したラッパーと言えばKREVAですが、彼の書くフックはポップではあっても、どうしてもいなたさが否めない。

でもパンピーはひたすらクール。

「Freeze!!!」然り、「Renaissance」然り、パンピーが歌うフックで幕を開けますが、素晴らしすぎて涙がちょちょぎれそうです。刺さるフレーズを最高のフックに載せるのは卑怯だ。

(ライムスター宇多丸も言ってる通り、短いパッセージの中でも声色を使い分けまくれるのも

パンピーの強烈な強み。)

そしてRAU DEF。

パンピーに頼み込んでプロデュースしてもらったらしく、いつも以上に気合が入ってる感じ。

フローこそ最新型ですが、近年流行りの早口ラップではなく「これこそヒップホップの素晴らしさや。。」と唸ってしまうほど、選び抜かれた言葉を綴ってます。

(とは言え、哲学と快楽主義を普通に並べて歌ってますが。その「何でもあり」なところも、ヒップホップの良いところ。)

彼のヴァースは、正直パンチラインだらけなのですが、敢えて1つ挙げるなら2ヴァース目の以下のフレーズ。

「もしも君が孤独だとしても
俺も同じ気分なら普通でしょ」

ここ凄い。

ホンマびっくりしました。

こんなん絶対思いつかないわ。

たぶんこの曲も「歌詞が聴きとりにくいからヤダ」とかで終わってしまいそうな気がしますし、パンピー先生のビジュアル面もスター性皆無ですし、どうやらマネタイズも致命的に下手っぽいのでw、KREVAみたいになるのは厳しいかもしれませんが、それならせめて、クリエイターとして日本のポップスの裏支えポジションみたいなところを確立して、我が国の音楽レベルを上げていって欲しいです。


【アナタの洋楽&英語ライフをグレードアップさせるためにおすすめのサービス】

洋画のラインナップも豊富なビデオオンデマンド Hulu

100万曲以上の音楽聴き放題サービス Amazon Prime Music

TOEICマスターに俺はなる! 【スタディサプリ ENGLISH】 3つとも無料体験できるよん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする