【歌詞和訳】Another Starting Line/Hi-STANDARD アナザー・スターティング・ライン/ハイ・スタンダード

Another Starting Line/アナザー・スターティング・ラインは、日本のメロコアバンド・Hi-STANDARD/ハイ・スタンダードが2016年に発表した楽曲です。

同名のアルバムに収録されています。

【和訳】

帰ってきたよ

あの頃の悪ガキは今でも健在さ

俺の人生に お前がまた戻ってくるなんて

夢にも思ってなかったよ

生き返ったよ

新たな日々が目の前に広がってる

お前を忘れたことなんて

あるわけ無いだろ?

昨日までの日々はもう遥か後ろ

すげぇ面白いものを見つけたんだ

俺たちの時計の針がまた動き出したんだ

スポンサーリンク

たった今君に捧げる歌が出来たよ

一緒に歌ってくれると嬉しいな

心配なんかいらないって分かるだろ?

俺には分かるよ

ここが新たなスタートラインなんだ

これはラブソングじゃないよ

俺たちの日々を綴った物語さ

心配なんかいらないって分かるだろ?

俺には分かるよ

ここが新たなスタートラインなんだ

俺と君にとっての

【管理人のひとこと】

「そもそも「洋楽」じゃねーだろ?」というのは置いておいて。(笑)

「ネイティブじゃない奴が書いた英語詞を、ネイティブじゃない奴が訳した記事」をお楽しみ頂ければと思います。(笑)

まずは、この時代に「完全シークレットで当日販売」を成し遂げた彼らにあっぱれ。

僕は世代としては、ハイスタ世代ではなく、どちらかと言えば彼らが影響を与えたバンドたち

による第二次メロコアブーム(?)の方。

(それこそHawaian6の方がリアルタイムという。)

メロコア自体は好きで、だからこそGREEN DAYなんかもこのブログでよく取り上げているのですが、正直ハイスタは当時も今も、スピリッツは充分感じる物の、音楽としてはあまり刺さりません。

(ローファイがめちゃめちゃ好きな僕ですが、発音の拙さには耐性が無いのも一因。)

でもでも、僕らよりちょっと上のハイスタ直撃世代は羨ましくもあって。

「ヤンキーでは確実に無いんだけれど、イカした近所の兄ちゃんがギター背負って

なんかかっこいいことやってる」

というあの空気感は、あの時代独特の物だったんではないかと思います。

で、急遽発表されたミニアルバムですが、リアクションは抜群というわけでもないようで。

Ken Yokoyamaが先日Mステに出ましたけど、Ken然り、ハイスタ然り、今のロックバンド不況(というか言い出せば、ほとんど全ジャンルそうなわけですが、相対的に見るとロックバンドの勢力はガタ落ちな現状ですね。)をひっくり返せるとは正直思えません。

海外に対する憧憬みたいな物が僕らの世代と比較しても段違いに無くなってきているこのご時世に、現状の彼らのパワー、キャパでは、アイドルやR&B、HIPHOPに流れてしまったティーンを圧倒させることは難しいと思います。

ただハイスタは、ストーリーが本当に色々あってここまで来たバンドであり、再活動に関しても懐古的なニュアンスは全く感じられませんし、それこそ「また走り出した」ことにいちばん意味があるのではないかと、多くのファン同様思います。

とにかく、これからが楽しみ。期待してます。

このシングルに入ってる曲全部訳しました!是非チェック!

【歌詞和訳・シングル全曲・まとめ】Another Starting Line/Hi-STANDARD アナザー・スターティング・ライン/ハイ・スタンダード

【歌詞和訳・シングル全曲・まとめ】Vintage&New,Gift Shits/Hi-STANDARD ヴィンテージ・アンド・ニュー,ギフト・シッツ/ハイ・スタンダード


【アナタの洋楽&英語ライフをグレードアップさせるためにおすすめのサービス】

洋画のラインナップも豊富なビデオオンデマンド Hulu

100万曲以上の音楽聴き放題サービス Amazon Prime Music

TOEICマスターに俺はなる! 【スタディサプリ ENGLISH】 3つとも無料体験できるよん。