【歌詞和訳】Soul Meets Body/DEATH CAB FOR CUTIE ソウル・ミーツ・ボディ/デス・キャブ・フォー・キューティー

Soul Meets Body/ソウル・ミーツ・ボディは、アメリカのロックバンド・DEATH CAB FOR CUTIE/デス・キャブ・フォー・キューティーが2005年に発表した楽曲で、アルバム「Plans/プランズ」に収録されています。

スピリチュアルなラブソングという感じで、ストレートに見えてけっこう色んな意味に取れる歌詞かなと思います。

【YOUTUBE(ユーチューブ)動画】

公式のMV/ミュージックビデオ・PV/プロモーションビデオです。

【和訳】

肉体と魂が調和できる場所で生きていたい

太陽の光が僕を包み込んでくれるようなところさ

そして僕の肌を水で冷たく清めて

新たに産まれてくるであろうものを感じるんだ

僕の考えでは その場所っていうのはグレイハウンドの停留所なんだ

僕の考えを 遠く離れた目的地まで届けてくれる

だからみんな 今いる場所よりもずっと

自分に合った場所というのを見つけるチャンスがあるんだ

スポンサーリンク

ショベルのように丸めた手で

泥だらけになりながら 必死に探したとしても

そこで何を見つけられるかなんて想像出来ないよ

でも 僕は知っているんだ

汚れた手同士を擦り合わせれば

1点の曇りもなく 綺麗になるってことをね

(サビ)

僕は強く信じているんだ

僕たちが歩いていける道は残されているって

でも 静寂が君をどこかへ連れ去ってしまうなら

僕も道連れにしてほしいんだ

君の茶色い美しい目を近くで見ていたいんだ

だって君の声は 僕が耳にしたい唯一の歌だから

メロディーが僕の周りを優しく舞い上がっていく

肉体と魂が調和できる場所

肉体と魂が出会う場所

(サビ繰り返し)

【管理人のひとこと】

けっこう良い感じに訳せたなと思いますが

当時から分からないのが

「Greyhound station」の意味付けなんですよね。

グレイハウンドというのはアメリカ最大手のバス会社なんですが

(←ググって知りましたよ、もちろん。(笑))

ということはつまり

「皆それぞれが行きたい場所へ行くための出発点」

という感じで歌われているのかなと。

そう考えれば文脈的にも

ある程度合点が行きますがどうでしょうか。

個人的には2000年代のベストアルバムの1つであり

何回聴いたかわからんくらいの本曲ですが、良い歌です。

下手すりゃ「何言ってんだお前」と言われてしまうような

蒼い歌詞ではありますし、そのへんがナードな大学生向けとか

揶揄される所以なんでしょうが、個人的には

嘘偽りなく繊細で真っ直ぐなBen Gibbard(ベン・ギバード)の

心からの歌と捉えているので、むしろご馳走様です!って感じです。(?)

デスキャブはこちらもどうぞ!

【歌詞和訳】Marching Bands Of Manhattan/DEATH CAB FOR CUTIE マーチング・バンド・オブ・マンハッタン/デス・キャブ・フォー・キューティー

【歌詞和訳】I Will Follow You Into The Dark/DEATH CAB FOR CUTIE アイ・ウィル・フォロー・ユー・イントゥ・ザ・ダーク