【歌詞和訳】Shining Light/Ash シャイニング・ライト/アッシュ

Shining Light/シャイニング・ライトは、アイルランド出身のロックバンドASH/アッシュが2001年にリリースした楽曲です。

アルバム「Free All Angels/フリー・オール・エンジェルズ」に収録されています。

完璧なソングライティングを魅せた当ナンバーは、同業者からも批評家からも高い評価を受け、アッシュ屈指の名曲として有名です。

【YOUTUBE(ユーチューブ)動画】

公式のMV/ミュージックビデオ・PV/プロモーションビデオです。

【和訳】

夜を明るく照らす花火みたいに

君は眩い光を放つ存在さ

味気ない夜に周りを照らす

君は僕の人生を明るく照らしてくれる

君はいつだって少しとげがあるけどさ

それでも僕からみればキラキラしてるんだ

君がいるから夜だってイキイキとしたものになる

君は眩い光を放つ存在さ

君は僕の人生を明るく照らしてくれる

(コーラス)

僕らは繋がりを築いていった

信じられないくらいの化学反応が起きたんだ

不運なことも起きるけどさ

君は眩い光を放つ存在さ

クリスマスの賛美歌で歌われていた星座みたいに

公現祭の日には君は特に魅力的になる

君は眩い光を放つ存在さ

スポンサーリンク

君は凄い力をくれるし

いつだって僕の源なんだ

真っ暗な夜に周りを輝かせる

君は眩い光を放つ灯りなんだ

君のためなら血を流すことだって平気さ

君は眩い光を放つ灯りなんだ

いつの時代も絶えることのない王国の花嫁のよう

君は眩い光を放つ灯りなんだ

君は僕の人生を明るく照らしてくれる

(コーラス繰り返し)

最近じゃ君は時々

僕たちに出来ないことは

何もないなんて言うんだ

星空の下で君のためにすべてを捧げたいと思うよ

大空で北極星は輝いている

でもいちばんは君だよ

天体のあかりに包まれ

綺麗なベールを身にまとう君を

ずっと見ている

(コーラス繰り返し)

【管理人のひとこと】

昔から大好きなアッシュの名曲なんですが、「シンプルなコンセプトの曲なので楽勝!」と思いきや、難解な単語のオンパレードでなかなか苦戦しました。

(これほどキャッチーな市場向けの曲で、こんなにムズイ語彙を連発するものはなかなか無いのではと思います。)

この曲もそうなんですが、キリスト教の概念やフィーリングが反映されている曲は難しいです。

また、おそらくは

① 微細な表現をする

➁ 陳腐になるのを避ける

などの目的のため、似た意味を表す部分でも逐一別の単語(しかも難解)が使われていて、その点でも苦労しました。

自分自身のためにも注釈をいくつかつけましたが、正直それを知ってもピンと来ないところがあるのが本音です。(笑)

無知なのかもしれませんが、「公現祭」なんて言葉初めて聞きました。

ただこういうところを少しでも分かっていくようになるとより深い理解が出来て楽しいはずなので、粘り強くいきたいと思います!

(終盤あたりの「my mortal~」のラインが単語的には普通なんですがイマイチ分からず。なぜそこに「for」が来るのか、、??

また、その続きの「sovereign~」のラインはマジで分からず。(笑)

どっちかというと、「君はオンリーワンの存在」ということを言いたい曲なのに上記の訳、解釈はおかしいような??)

【豆知識】

※1 Over Royal David’s city  「ダビデの村に」というクリスマスの賛美歌

※2    the Epiphany       公現祭 キリスト教の祝日

※3    Incandescent        白熱の 光り輝く

※4    sovereign                          君主の

※5    firmament                          大空

※6  draped                               ~を身にまとう

※7    shrouded                            ~に包まれた

※8    celestial                              天体


【アナタの洋楽&英語ライフをグレードアップさせるためにおすすめのサービス】

洋画のラインナップも豊富なビデオオンデマンド Hulu

100万曲以上の音楽聴き放題サービス Amazon Prime Music

TOEICマスターに俺はなる! 【スタディサプリ ENGLISH】 3つとも無料体験できるよん。