【歌詞和訳】Best Of You/Foo Fighters ベスト・オブ・ユー/フー・ファイターズ

Best Of You/ベスト・オブ・ユーは、アメリカのロックバンドFoo Fighters/フー・ファイターズが2005年に発表した楽曲です。

アルバム「In Your Honor/イン・ユア・オナー」に収録されています。

フー・ファイターズのギター/ボーカルであるDave Grohl/デイヴ・グロールが、バンドメイトであり親友でもあったNIRVANA/ニルヴァーナのKart Cobain/カート・コバーンに対しての思いをエモーショナルに歌ったナンバーです。

(デイヴはニルヴァーナのドラマーでした。カートは1994年に自ら命を絶っています。)

【YOUTUBE(ユーチューブ)動画】

公式のMV/ミュージックビデオ・PV/プロモーションビデオです。

【和訳】

まだ打ち明けなくちゃいけないことがあるよ

俺はずっとお前の幻影に囚われていた

誰だって壊さなきゃいけない鎖を持ってるだろ?

ちょうど君にも覆いかぶさってるようなやつさ

お前は抗うために生まれてきたのか?それとも蔑まれるため?

誰かがお前の最上を奪ったのか?

スポンサーリンク

お前はもうどこかに消えてしまったのか?

それとも新しい誰かにしがみついてるのか?

俺には頭を休める場所が必要だったんだ

お前の助け舟無しにさ

お前は俺が持っていない物をくれた

でも俺には使いこなせなかったよ

俺の心は生きることを諦めるには弱すぎるし

潔く負けて散るには強すぎるんだ

俺の心はいまだお前に囚われたまま

でもなんとか解放されたよ

俺の心が生きるか?死ぬか?って迫ってきたけど

俺にはどちらも選べなかったよ

諦めないって誓うよ

精一杯生きるよ

誰かがお前の最上を奪ったのか?

誰かがお前の信条を奪ったのか?

お前が感じていた痛みってのは本物だよ

お前は信じていた そしてお前には打ち明ける義務があるよ

誰かがお前の最上を奪ったのか?

Oh…Oh…Oh…Oh…

誰かがお前の信条を奪ったのか?

お前が感じていた痛み、お前が死んでまで癒そうと思った愛や命

希望や壊れてしまった心まで全部本物だよ

お前は信じている お前は俺に打ち明けなければいけないはずだよ

誰かがお前の最上を奪ったのか?

親愛なる友よ まだ言わなくちゃいけないことがあるな

俺はもうお前に囚われてなんかいないよ

新しい場所でもう一度始めるのに疲れてしまっていただけさ

お前は抗うために生まれてきたのか?それとも蔑まれるため?

絶対に諦めないって誓うよ

生き続けるよ

誰かがお前の最上を奪ったのか?

誰かがお前の信条を奪ったのか?

お前が感じていた痛みってのは本物だよ

お前は信じていた そしてお前には打ち明ける義務があるよ

誰かがお前の最上を奪ったのか?

【メモ】

・noose しめ縄

【管理人のひとこと】

聴いた当時圧倒されたことを覚えてます。

歌詞の内容を知らなかったのに、最初に聴いた時に「これはカートに対しての曲では?」と思いました。

気づいた俺すげーーーー!!!

、、ではなく、自分の感情をそこまで

曲に込められるデイヴがすげーーーーー!!!

いやそれはさておきね、本当に感動的な楽曲です。

この曲のリリース時点でカートが亡くなってから10年以上経ってるわけですが

それでもなおずっと、ものすごいトラウマに囚われていたわけですね。

デイヴはこの曲でも何度もカートに問いかけてます。

でも、亡くなった人からはもう、文字通りの言葉としては何も聞くことが出来ないわけなんですよね。

聞きたかったこと、話したかったことが山ほどあったんだろうな。。というのがビンビン伝わってきます。

悲しみ、そして愛憎入り混じる気持ちが曲中にこれでもかと込められていて、泣けます。

和訳に関しては、正直一箇所分からないとこがありました。(泣)

具体的には中盤以降のサビの「its real、、」に続くとこです。

単語的には簡単なんですが、どの単語がどれにかかっているのか、、的なことがイマイチ分からず。

なので、かなり強引に訳しました。

分かる方いたら是非教えてください!(笑)

フーファイはこちらもどうぞ!

【歌詞和訳】Walking After You/FOO FIGHTERS ウォーキング・アフター・ユー/フー・ファイターズ


【アナタの洋楽&英語ライフをグレードアップさせるためにおすすめのサービス】

洋画のラインナップも豊富なビデオオンデマンド Hulu

100万曲以上の音楽聴き放題サービス Amazon Prime Music

TOEICマスターに俺はなる! 【スタディサプリ ENGLISH】 3つとも無料体験できるよん。